先日、オカリナ製造会社である大塚楽器製作所主催のコンサートに行ってきました。
オカリナの生演奏をきくのは初めてでしたが、想像以上にのびやかで美しい音色の
演奏で聴きごたえのある素敵なコンサートでした。
オカリナは大きさや形も様々で色々な種類があり、音の高さや音域も違ってくるそうです。コンサートではクラッシック曲や童謡だけでなく、ジブリ映画の「もののけ姫」や坂本龍一作の「戦場のメリークリスマス」ピアソラ作の「リベルタンゴ」などが演奏されました。繊細で優しい音色だったり、歯切れのよい力強い音色だったり、オカリナは幅広いジャンルの曲を演奏できる楽器だということは新たな発見でした。
リコーダーのように音をだすのは簡単で、指使いさえ覚えてしまえばすぐ曲を演奏できるようになるようです。
ご興味のある方は、ぜひホームページwww.ocarina.co.jpをご覧になってください。