花の名所を訪れるのが好きです。これからの季節ですと、コスモスとバラを見に行きたいです。

神奈川県に住んでいますのでその周辺の話になりますが、コスモスは昭和記念公園の「花の丘」が一番の名所だと思います。約15,000平方メートルの広大な花畑がコスモスの花で埋め尽くされます。コスモスまつりが毎年9月中旬から10月下旬まで開催されるようです。
また、昭和記念公園は4月ごろのチューリップも大変美しいので、こちらもお勧めです。

バラの名所と言えば、今までは生田緑地のバラ苑が一番だと思っていました。
もともと向ケ丘遊園という遊園地のバラ苑でしたが、遊園地が閉園したため、生田緑地のバラ苑として期間限定で秋と春に公開されます。秋は10月中旬ごろ、春は5月に開苑されます。秋よりも春のほうが咲くバラは多いようです。
生田緑地にはバラ園のほか、プラネタリウムや岡本太郎美術館など他に見どころも多いです。プラネタリウムはクリエイターの大平貴之さん作成のメガスター・スリー・フュージョンが設置されており、綺麗な星空を楽しめます。また、説明は音声でなく職員の方がしてくれます。

生田緑地のバラ園は素晴らしいのですが、小田急の向ケ丘遊園駅から遠く、坂道を上がっていかなければなりません。もっと行きやすいバラ園は無いかとさがしたところ、横浜駅から送迎バスが出ている横浜イングリッシュガーデンを見つけました。
こちらはまだ春にしか行ったことがないのですが、バラの花が素晴らしいだけでなく、さまざまな草花が咲いており、よく手入れされたイングリッシュガーデンでした。10月から11月ごろが秋バラのシーズンですので、今年の秋のバラは横浜イングリッシュガーデンを訪れたいと思っています。