臨場感

2018年10月31日 投稿者:

2018女子バレーボール世界選手権が地元神奈川県で開催されました。
国際大会を生で観戦するチャンスは滅多にないと、チケット片手に出掛けました。

学生の頃、地元開催の世界バレーのお手伝いをしたことがありましたが、
その時は男子の会場で、しかも日本戦ではありませんでした。
それでも会場は盛り上がり熱気に包まれていたのを思い出しました。

今回、手に入れたチケットは日本vsドイツ戦。
連日テレビでも放送されており、その日は第一次ラウンド最終戦でした。
しかも、日本の戦績はそれまで3勝1敗。
期待が高まるばかり。

到着した時にはすでに会場内は日本の応援で、盛り上がっていました。
試合が始まれば、盛り上りもエスカレート。
人気の選手が出てくれば、言葉通り「割れんばかりの歓声」に鳥肌が立つほど。

応援の甲斐あってか、日本が見事ストレート勝ち。

つい最近まで学生だった子が頼もしく成長し、チームを引っ張っていたり、
わたしとさほど歳も変わらない選手が活躍していたり。

わたしもまだまだこれから。
勝ちを取りに行きますよ。