会社案内

田澤 実希子

tazawa_mikiko

第4総括部門 税理士

catch_tazawa
平成17年 辻・本郷 税理士法人 入所
〜現在に至る

資産税を中心に取り組んでおり、数多くの相続税申告のお手伝いをさせていただいております。また、お客様には資産家の方、大企業の社長様、お医者様等がいらっしゃいますので所得、法人、医療に関する周辺税務を絡めた相続税対策に取り組んでおります。

主な仕事の内容を教えてください。

資産税関連の業務を多く担当しています。相続の申告、生前の対策コンサルティングが主ですね。もちろん顧問税理士としてお客様の担当もさせていただいております。税務顧問として担当しているお客様個人の相続、生前コンサルティングをさせていただく機会が多いのですが、その場合、関連する税務処理が重要なことも多く、お客様の抱える税務の全体状況を考えながら、相続対策に取り組んでいます。


 

― 業務に取り組む上で大切にされていることを教えて下さい。

お客様がなんでもお話しいただけるよう、聞き上手であることを心がけています。専門用語は使わず、わかりやすい言葉で説明するよう気をつけています。また、信頼をいただき安心を感じていただくために、事前準備はしっかりと行っています。

最近では、社会医療法人移行支援をさせていただきました。難しいことをわかりやすく伝えるため、新しい知識をインプットしながら、理事長の本などを参考に、わかりやすく簡単に伝える文章を心がけています。業務を限定せず、なんでも積極的に取り組み、自分の可能性を広げ、専門知識が活きる仕事を沢山経験していきたいと、意欲的にがんばっています。

 

―女性の税理士を望まれるお客様もいらっしゃると聞きました。

同性であるということの話しやすさから、女性のお客様からのご相談、お仕事は多い方かと思います。きめ細やかな配慮、気持ちのフォロー、負担をかけない話し方など、コミュニケーションには最善を尽くしています。もちろん、こういった努力は女性のお客様に限ったことではありません。経験上、お客様とのざっくばらんな会話の中で、何気なくサラッとおっしゃったことが、思いがけず重要なことも多く、お客様にとって話しやすい雰囲気作りは、最善の提案にはかかせません。税理士は固く冷たいという印象を持たれがちですが、女性らしい笑顔と優しさ、仕事以外の趣味の話をするなど、打ち解けやすい雰囲気作りを心がけています。

 

税理士になろうと思ったきっかけを教えてください。

結婚を機に前職を退職し、時間の余裕ができたので、資格取得のための勉強をはじめようと考えたことがきっかけです。前職ではファイナンシャルプランナーの勉強をしました。その時に税務に対して興味が生まれたことを思い出し、勉強を始めました。専門学校にて3年間勉強に励み4科目取得。その後、辻・本郷 税理士法人に入所しましたので、最後の1科目は仕事をしながら取得しました。入社5年目でやっと5科目取得、晴れて税理士となりました。

 

―働きながらの勉強はどのようにされたのですか?

朝、早めに出社をして勉強をする。通勤中に勉強をする。土日も勉強をする。正直、おすすめは出来ません(苦笑)。しかし、所内にも勉強を続ける仲間がいますし、先輩や上司も応援してくれます。実務を積むことで理解も深まります。合格を目指し努力し続けることが出来たのも、周囲の皆さん含め、環境のおかげと思っています。

 

― 会計事務所での仕事は初めてだったんですよね?

はい。実務は全く経験したことがありませんでしたので、イロハから教えていただきました。まずは、領収書を整理するところからですね(苦笑)。あの頃の自分と比べると、今の自分は随分と成長したなぁと思いますし、ご指導いただいた上司や先輩方にありがたく感謝をしております。

目標とする税理士像を聞かせてください。

一期一会。そのご縁を大切にし、お客様おひとりごとに真心込めて取り組みたいと思っています。私の上司、先輩方は、ほんとうに一生懸命にお客様のためを思って仕事をされています。私もそれに習い税理士として研鑽を積み、田澤にお願いして良かったと、一人でも多くのお客様に思っていただけるよう尽力していきたいと思います。

税務・経理に関するご相談はお気軽にお問い合わせください

0120-730-706 電話対応時間9:00-18:00 土日祝日年末年始を除く