サービス案内

新地方公会計制度導入支援

新地方公会計制度導入支援

平成19年10月に公表された「新地方公会計制度実務研究会報告書」に基づく、新たな公会計制度の導入をサポート致します。

新制度に対応した財務書類の作成や分析、活用提案をはじめ、自治体と関わりの深い一部事務組合・第三セクター等の財務書類作成も支援しています。公会計が「複式簿記・発生主義」へとシフトするにあたり、複式への変換が簡単にできるパッケージソソフト「株式会社PMC社製PPP(トリプルピー)」の導入支援も行っています。

公会計改革の推進は、行政サービスの更なる推進の観点からも積極的な対応が求められます。辻・本郷 税理士法人ではこのためにプロジェクトチームを立ち上げ、様々な疑問・質問にお答えできる環境を整えています。

サービス内容

財務4表の作成を支援します。

固定資産評価や開始貸借対照表の作成から連結財務4表の完成まで一連の作業を支援します。
「基準モデル」、「総務省方式改訂モデル」、どちらでも支援します。

■ 具体的支援事項

■ 新地方公会計モデル財務4表作成までの主な流れ

凍結財務4表

出来上がった財務4表の活用策を提案します。

作成された財務4表の内容を分析しご報告します。また、財務分析の結果から得られた情報を元に、事業別や施設別の行政コスト計算や財政の将来シミュレーションをご提供します。(*)

(*)株式会社FCS社製財政改革シミュレーションソフト「改革」を活用します

連結対象となる独立行政法人や第三セクター等の会計処理や決算準備を支援します。

普通会計との連結を前提に、関連団体の財務書類作成を支援します。

■自治体コンサルティング

税務・経理に関するご相談はお気軽にお問い合わせください

0120-730-706 電話対応時間9:00-18:00 土日祝日年末年始を除く