サービス案内

移転価格コンサルティング

移転価格コンサルティング

弊社は移転価格ライフサイクルと呼ばれる4つの箱を用いて、お客様と一体となって業務を進めて参ります

移転価格と言うと、すぐに文書化を思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれません。しかしながら、まずはお客様、そしてお客様の属している業界について詳細に分析を行い(ボックス1)、移転価格ポリシー(移転価格に対するお客様の考え方)を構築し、実際にそのポリシーに沿って業務を行い(ボックス2)、その結果を受けて文書に落とし込む(ボックス3)のです。

その後、税務調査や事前確認(ボックス4)が行われることで、ライフサイクルが1周します。このライフサイクルを繰り返すことにより、関連会社間取引のモニタリングを行います。

移転価格リスク分析

「リスク分析」は、移転価格に関する業務の中で最も基本であるとともに最も重要な分析の一つです。リスクを適正に把握する ことにより、移転価格税制上の重要課題の洗い出しを行います。

移転価格ポリシーの構築

グループ全体の移転価格リスクを軽減するため、「産業分析」「機能分析」を綿密に行い、全社的な移転価格ポリシーの構築を 支援します。

事前確認制度(APA)

移転価格に係るリスクを未然に防止するための措置として、事前に税務当局から合意を得る事前確認(APA)制度があります。 海外提携事務所と連携し、日本と海外を含めた総合的なサービスを提供することが可能です。

文書化への対応

税務・経理に関するご相談はお気軽にお問い合わせください

0120-730-706 電話対応時間9:00-18:00 土日祝日年末年始を除く