新着税務トピックス

新着税務トピックス

新着税務トピックス一覧

民泊新法による民泊サービスの所得課税等について

自己が居住する住宅やマンションの空き部屋などを活用して宿泊を行う、いわゆる「民泊サービス」に関しては、近年、外国人旅行者からのニーズもあり、利用者が年々増加しているようです。 このような背景もあり、民泊の新しい規定やルー…続きはこちら

家屋が災害により居住できなくなった場合

所得税の質疑応答事例として国税庁HPに掲載されましたので、ご紹介いたします。 質問の内容 住宅借入金等特別控除の適用を受けていた家屋が災害により居住できなくなった場合には、この控除を受ける年の12月31日まで住んでいなか…続きはこちら

役員退職金の決め方

役員退職金を決めるには、きちんと決めないと思わぬ税務問題が発生する事があります。 法人税法上では不相当に高額な役員退職金は損金に認められないで、合理的な金額は損金として認められます。 退職金は役員在任期間・役員報酬額、功…続きはこちら

ふるさと納税の返礼品競争の沈静化に向けて

総務省は、過熱するふるさと納税の返礼品競争を抑制する為、有識者等からの意見を参考に、改善策を取りまとめ、平成29年4月1日付けで総務大臣名で地方団体に対して、「ふるさと納税に係る返礼品の送付等について」を通知しました。 …続きはこちら

配偶者控除及び配偶者特別控除の見直し

1.適用時期 平成30年分以後の所得税 *源泉徴収義務者は30年1月以降の給与等の支払時の源泉徴収から 2.改正のポイント 【1】配偶者控除及び配偶者特別控除の控除額の改正 (1)配偶者控除の控除額の改正及び、給与所得者…続きはこちら

【確定申告・年末調整】国外居住親族に係る扶養控除等の適用について

平成28年度分以降の個人の確定申告や年末調整において、非居住者である親族(以下「国外居住親族」)に係る扶養控除の適用を受ける居住者は、その国外居住親族に係る「親族関係書類」や「送金関係書類」を下記表における時期に提出また…続きはこちら

個人型確定拠出年金の加入対象者の拡大

平成29年1月1日より個人型確定拠出年金の加入対象者が拡大されます。 現在は、自営業者や企業年金のないサラリーマンが加入対象者でありましたが、平成29年1月1日から専業主婦や公務員、企業年金のある会社で企業型確定拠出年金…続きはこちら

役員給与の損金不算入制度の改正

平成28年度税制改正により、届出が不要となる事前確定届出給与の対象に、一定の譲渡制限付株式(リストリクテッド・ストック)による給与が追加されました。 特定譲渡制限付株式を交付した場合の処理 (1)会計上 <報酬債権付与&…続きはこちら

住宅ローン控除の対象者の拡大

平成28年度税制改正により、住宅ローン控除の家屋取得に係る対象者の範囲が、「居住者(日本に住んでいる人)」から「個人」とされたことで、「非居住者(海外に住んでいる人)」も住宅ローン控除の適用を受けられるようになりました。…続きはこちら

認定計画に基づき取得した機械装置に係る固定資産税の特例

本年の通常国会で成立した中小企業等経営強化法について、施行期日が平成28年7月1日に定められた事に伴い、施行日以降に、中小企業者が認定計画に基づき新たに取得する一定の機械装置ついて、3年間、固定資産税が軽減される措置が適…続きはこちら

三世代同居改修工事等に係る特例の創設

1.概要 出産・子育てへの不安や負担が大きいことが少子化の要因となっており、安心して子供を育てられる環境整備の手段として世代間の助け合いを図る三世代同居を促進するため、自己の有する家屋に対して三世代同居に対応したリフォー…続きはこちら

スイッチOTC薬に係る医療費控除について

概要 健康の維持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組を行う個人が、自己又は自己と生計を一にする配偶者その他の親族に係る一定のスイッチOTC医薬品の購入対価を支払った場合には、一定の所得控除が出来るようになります。 …続きはこちら

公社債の譲渡による所得の総収入金額の収入すべき時期の取扱い

1.概要 東京国税局は平成28年1月26日、「公社債の譲渡による所得の総収入金額の収入すべき時期の取扱い」についての文書回答を公表した。平成28年1月1日以後に行う公社債の譲渡による所得については株式等に係る譲渡所得等課…続きはこちら

国税関係書類に係るスキャナ保存制度の見直し

1.概要 国税関係書類(契約書、領収書等の重要書類に限る。)の受領等をする者がスキャナで読み取る場合のスキャナ保存承認の要件が緩和されました。 2.改正内容 (1)タイムスタンプを付す時期 国税関係書類の受領後、書類に署…続きはこちら

国外居住親族に係る扶養控除等の適用について

1.概要 平成28年1月1日以後に支払われるべき給与等について、非居住者である親族に係る扶養控除等の適用を受ける場合の改正が行われています。 2.内容 給与等又は公的年金等の源泉徴収及び給与等の年末調整において、非居住者…続きはこちら

1 / 212

税務・経理に関するご相談はお気軽にお問い合わせください

0120-730-706 電話対応時間9:00-18:00 土日祝日年末年始を除く