新着税務トピックス

プレスリリース

配偶者控除及び配偶者特別控除の見直し


1.適用時期

平成30年分以後の所得税
*源泉徴収義務者は30年1月以降の給与等の支払時の源泉徴収から

2.改正のポイント

【1】配偶者控除及び配偶者特別控除の控除額の改正
(1)配偶者控除の控除額の改正及び、給与所得者の合計所得金額が1,000万円を超える場合は、配偶者控除の適用を受けることができない。
(改正前:給与所得者の合計所得金額の制限無)
(2)配偶者特別控除の控除額の改正、対象となる配偶者の合計所得金額が38万円超123万円以下。
(改正前:38万円超76万円未満)

【2】扶養親族等の数の算定方法の変更
(1)配偶者が源泉控除対象配偶者に該当する場合には、扶養親族等の数に1人を加えて計算すること。また、同一生計配偶者が障害者に該当する場合には、扶養親族等の数に1人を加えて計算する。

【3】給与所得者の扶養控除等の申告書等の様式変更
(1)「給与所得者の配偶者特別控除申告書」が「給与所得者の配偶者控除等申告書」に改められ、控除対象配偶者が源泉控除対象配偶者に、障害者区分の控除対象配偶者が同一生計配偶者となります。

【参考】国税庁
配偶者控除及び配偶者特別控除の見直しについて
https://www.nta.go.jp/gensen/haigusya/index.htm

給与所得者の扶養控除等の(異動)申告書
https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/mokuji.htm


税務・経理に関するご相談はお気軽にお問い合わせください

0120-730-706 電話対応時間9:00-18:00 土日祝日年末年始を除く