新着税務トピックス

新着税務トピックス

新着税務トピックス一覧

譲渡担保財産に対する差し押さえ

 平成19年4月1日以後に譲渡担保財産に対する滞納処分を続行する場合には、税務署長等は、その譲渡担保財産に係る第三債務者等に対し、滞納処分を続行する旨を通知しなければならないこととなりました。 譲渡担保とは 譲渡担保とは… 続きはこちら

再チャレンジ支援寄附金税制の創設

制度の概要 平成19年度の税制改正により個人、法人、相続等で財産を取得した方が、再チャレンジを支援する民間企業等へ一定の寄附をした場合には、所得税、法人税又は相続税の特例措置の適用を受けることができるようになりました。 … 続きはこちら

SEに支払う外注費に対する源泉徴収の取扱い

会社で使用するソフトウェアや販売のためにプログラムを作成してもらうために、その作業を外注さんにお願いした場合、その源泉徴収をどのように取り扱うかは、下記のとおりとなります。 外注先で判断 外注先が法人である場合・・・源泉… 続きはこちら

ふるさと納税の概要

 「ふるさと納税」とは納税者が自分の意思で税を納める自治体を選ぶことができる仕組みのことです。  子ども時代に受けた教育や福祉のコストを地方に還元する意味合いや、自分が生まれ育ったふるさとや関わりの深い地域を応援したいと… 続きはこちら

路線価が発表されました

 今年も、国税庁より8月1日に平成19年分の全国の路線価が発表されました。  路線価とは、土地を相続したり、贈与により取得した場合に、相続税や贈与税の課税標準の計算の基礎となる土地の評価に用いられます。  また、未上場株… 続きはこちら

集積産業用資産の特別償却の創設

 平成19年に成立した「企業立地の促進等による地域における産業集積の形成及び活性化に関する法律」(以下、地域産業活性化法という)では、地域産業の集積及び活性化により地域経済の自律的発展の基盤の強化を目的としてさまざまな支… 続きはこちら

年金時効特例法による遡及支給部分の課税関係

年金時効特例法とは これまでは、年金記録の訂正により年金が増額した場合であっても、増額支給される年金は、支給の計算期間に対応する支給日が直近の5年間分であるものに限られていた。 今後は、年金時効特例法により、時効により消… 続きはこちら

執行役員就任に伴う退職手当の取扱いを明確化

 執行役員制度を導入している企業において、使用人から執行役員になる者に対して退職金が支給されるケースがあります。  このような退職一時金が退職所得とされる範囲については、いままで税務上の取扱いが明確にされていませんでした… 続きはこちら

住宅のバリアフリー改修促進税制

 平成19年度の税制改正で少子高齢化の時代に備え、高齢者等が安心して居住できる住環境設備を整備する目的で、居住用家屋について バリアフリー改修工事を行った場合、ローン残高の一定割合を所得税から控除する制度バリアフリー改修… 続きはこちら

子育て支援税制(事業所内託児施設等の割増償却)

企業が、子育てをしながら働く家族への支援として、事業所内に託児所等を新設した場合に、割増償却が出来る制度が出来ました。 概要 青色申告法人  次世代育成支援対策推進法に規定する一般事業主行動計画(託児施設の設置及び運営に… 続きはこちら

人材投資促進税制(教育訓練費の税額控除)

 企業経営で大事なのは、「人・モノ・カネ」の三要素です。このうち、「人への投資」いわゆる「教育」というのは、良い人材を育てていくために大変重要になってきます。  そこで、今回は、教育費に関する税制上の優遇措置についてとり… 続きはこちら

平成19年度の信託税制の改正について

<これまでの信託税制>  改正前の信託税制おいて、典型的な信託は、信託財産を受益者が保有しているものとみて、信託収益の発生時に受益者に課税することになっていました。(発生時課税) 一方、合同運用信託や一般的な投資信託など… 続きはこちら

税務・経理に関するご相談はお気軽にお問い合わせください

0120-730-706 電話対応時間9:00-18:00 土日祝日年末年始を除く