新着税務トピックス

プレスリリース

事前確定届出給与の損金算入制度

平成18年度税制改正で新たに設けられた「事前確定届出給与の損金算入制度」。 既にこの制度を導入されている方もいらっしゃることでしょう。 平成19年度税制改正では、この規定について若干の改正が予想されています。 そこで、その改正内容について簡単にご説明させていただきます。
  1. はじめに、事前確定届出給与とは
    次の2要件を満たす役員給与をいいます。
    1. あらかじめ定めた時期に、あらかじめ定めた金額を支給すること。
    2. 次のうちいずれか早い日までに、所轄の税務署に一定の届出書を提出していること。
      1. 業年度開始の日から3ヶ月を経過する日。
        例:3月決算の法人であれば、6月30日ということになります。 
      2. 役員としての職務を開始する日。
        通常、「株主総会で役員に選任された日」となります。
  2. 平成19年度税制改正大綱では
    届出書の提出期限についての改正が予想されます。
    具体的には、次のうちいずれか早い日までに届出書を提出することになります。
    1. 事業年度開始の日から4ヶ月を経過する日。
      例:3月決算の法人であれば、7月31日ということになります。 
    2. 役員としての職務を開始する日から1ヶ月を経過する日。
    以前であれば、役員の選任と同時に届出書を提出しなければならず、事務的には余裕がありませんでした。 それを考慮してか1ヶ月の延長が認められる予定です。

税務・経理に関するご相談はお気軽にお問い合わせください

0120-730-706 電話対応時間9:00-18:00 土日祝日年末年始を除く