お客様の声

株式会社 プラスPM(ピーエム) 代表取締役 木村 讓二 氏

経営者の目線で建設プロジェクトをマネジメント―コンストラクションマネジメント―

お客様のご紹介

法人名 株式会社プラスPM(日本)
Plus PM Consultant Sdn.Bhd(マレーシア)
代表取締役 木村 讓二(きむら じょうじ)
住所 大阪本社:大阪府大阪市北区西天満2-8-5 西天満 大治ビル
     電話:06-6363-6066
東京支店:東京都千代田区鍛冶町1-7-11 KCAビル
     電話: 03-3526-4181
WEBサイト http://www.plusweb.co.jp(日本)
http://www.plus-pm.com(マレーシア)
1986年創業。発注者の代理として建設プロジェクトをマネジメントするコンストラクションマネジメント(略してCM)業務を行っております。病院、シニア住宅、ホテル、工場など多数の実績があり、中でも特に病院建て替えにおいては、日本一の実績を持っています。

建設費が高騰

昨今は、東京オリンピック関連工事、東日本震災復興工事ほか建設投資が多いことから、建設工事費が高騰しており、予定以上の無理な金額で投資をするケースが増えています。弊社は、「工場を建てたい、ビルを建てたい」といったお客様に代わり、建設プロジェクトのマネジメントをやっています。建設業界では、コンストラクションマネジメント(略してCM)と呼んでいますが、最近は、民間工事だけでなく、公共工事でもCM採用が増えています。一級建築士を始めとする弊社の技術者が経営者の目線で、適切な投資コストでありながら、高い品質と機能を満たす建物を実現します。理想の建物を建設するには、発注者側に設計を評価する技術、工事見積書を評価する技術、ゼネコンを選定するスキル、現場の品質を管理する技術などが必要ですが、それが欠落したとき今話題になっています新国立競技場の建設プロジェクトのようになります。

弊社の業務を具体的に示しますと、お客様が建設したい建物の仕様や予算、完成時期についてヒアリングをした後、建築計画図、スケジュール、建設予算書を作成します。その完成した基本構想に基づき、設計会社の選定、設計会社が作成する図面の精査を行います。次に競争原理を働かせたゼネコンの選定を行い、予算内で工事契約をいたします。施工段階では、主要部分の品質管理、変更箇所の追加予算の調整を行うといった業務となります。

日本とアセアン地域で対応

日本国内は、大阪本社と東京支店の2拠点で全国のプロジェクトをカバーしています。アセアン地域に於いては、マレーシアの現地法人Plus PM Consultant Sdn.Bhdが、マレーシアだけでなく、インドネシア、タイ、ベトナム、カンボジアでCMサービスを提供しています。お客様の立場でプロジェクトをマネジメントすることを社員へ日々の教育を通じて教えています。
私は、京セラ創業者である稲盛和夫氏から哲学、理念を学んでおりますので、そこで学んだことを日本国内、アセアン社員と共有することで、お客様の事業発展に貢献する所存です。

辻・本郷 税理士法人に望むこと

ご担当の税理士さんから、税務、会計面だけでなく、当社の業務に関する国の政策や制度など、素早い情報提供を頂戴して大変感謝しています。日本国内はもちろん、アセアン地域でナンバーワンのCM会社を目指しておりますので、営業面での支援も併せてお願いいたします。

pickup

辻・本郷 税理士法人 大阪支部

大阪府大阪市中央区道修町4-6-5 淀屋橋サウスビル6階 お問い合わせ:06-6227-0011

平成19年4月開設、現在スタッフ数40名。通常の税務会計業務のみならず、資産税対策、事業承継対策、M&A等、幅広い業務を行っております。エリアナンバーワン会計事務所を目指して、スタッフ一同全力で日々の業務に取り組んでおります。

辻・本郷 税理士法人 大阪支部