サービス案内

相続税対策

相続税対策

1.暦年課税贈与で相続財産から切り離す

110万円の基礎控除を利用して、毎年こつこつとお子様たちに贈与する方法です

暦年課税贈与 ⇒  基礎控除 年間110万円  ⇒ 相続財産から分離
精算課税贈与 ⇒  特別控除 2,500万円   ⇒  相続財産に合算

2.暦年課税贈与の配偶者控除を利用して自宅を贈与する

暦年課税贈与  ⇒ 配偶者控除 2,000万円  ⇒ 相続財産から分離
※婚姻20年以上の場合に限ります。

ページ上に戻る

3.収益物件を贈与する

家賃収入がある建物を贈与すれば、家賃が子供の収入になります。
贈与するのは建物だけで構いません。(敷地を贈与する必要はありません。)

ページ上に戻る

4.退職金支給により評価を下げて自社株を贈与する

オーナー社長の引退または老齢で相続が迫っている時期には、社長へ退職金を多額に支払い、株価が下がったところを見計らって後継者に持株を贈与・譲渡しましょう。

ページ上に戻る

5.孫を養子にする

養子が一人増えると、基礎控除が600万円増えるだけでなく、適用税率が下がる場合があります。さらに養子にしたからといって相続財産を分配する必要もありません。
あくまでも、法定相続人の数を増やすことに意義があるのです。ただし、養子の数に含めることができる人数には一定の制限があります。

ページ上に戻る

6.生命保険でスムーズな遺産分割をする

死亡保険金は指定した受取人の固有の財産となりますので、遺産分割を行うことなく確実に受取人のものとなります。
さらに、法定相続人×500万円までは非課税となります。

生命保険でスムーズな遺産分割

ページ上に戻る

7.会社分割でスムーズな事業承継

後継者が2人いる場合、会社を生前に分割して兄弟間の争いを未然に防ぎましょう。
例えば


会社分割でスムーズな遺産分割

ページ上に戻る

8. 小規模宅地等の減額の適用要件を確認する

小規模宅地等の減額の適用要件を確認しましょう
ページ上に戻る

9.物納の条件整備を行っておく



ページ上に戻る

■相続コンサルティング

税務・経理に関するご相談はお気軽にお問い合わせください

0120-730-706 電話対応時間9:00-18:00 土日祝日年末年始を除く