税理士が解説する相続税コラム

相続の専門家がお届けする相続税コラム

相続の専門チームがお届けする相続税コラムです。
相続の基本、実際にあった解決事例や辻・本郷の相続サービスの内容についてお伝えしていきます。

預金凍結でもあわてない!遺産分割前の相続預金の払戻し制度

預金凍結でもあわてない!遺産分割前の相続預金の払戻し制度

銀行の預金口座名義人の方が亡くなると口座が凍結され引き出しできなくなりますが、令和元年(2019年)7月に施行された、遺産分割前の「相続預金の払戻し制度」により、預金の一定額を引き出すことができるようになりました。

アパートを贈与して相続対策? 敷地の評価はどうなるか

アパートを贈与して相続対策? 敷地の評価はどうなるか

とある地方の一等地にアパートとその敷地を所有しているAさんは、評価額の大きさに長年悩んでいました。相続税対策になるとすすめられ、アパートの建物だけお孫さんに贈与したところ、相続時にかえって評価額が高くなり……?

その不動産は誰のもの? ~所有権の名義変更は忘れずに

その不動産は誰のもの? ~所有権の名義変更は忘れずに

売買や相続などにより不動産の所有者が変わったら、名義変更が必要です。令和6年(2024年)4月以降は相続登記の申請が義務化されます。名義を変えずにいるとどうなるか、事例をご紹介します。

相続開始後は、早めに法定相続人の確認を!

相続開始後は、早めに法定相続人の確認を!

遺産分割協議の矢先に親の隠し子が判明するなど、相続では思いがけない事実が発覚することがあります。新たに分かった法定相続人がいる場合の相続と、その対処例についてご紹介します。

相続で取得した非上場株式。発行会社へ譲渡した際に使える特例とは

相続で取得した非上場株式。発行会社へ譲渡した際に使える特例とは

相続で取得した非上場株式。発行会社に買い取ってもらうと予想外に高額な課税が生じる可能性があります。そんなときに使える、高額な課税を受けずに済む特例をご紹介します。

相続分は譲渡できる!相続放棄との違いや注意点について

相続分は譲渡できる!相続放棄との違いや注意点について

相続人の数が多くて遺産分割協議がまとまらない。疎遠な親戚が亡くなり、相続で揉めそう。そんなとき、自分の相続分を他の相続人や第三者に譲り渡すことができます。

子どもがいない夫婦の相続はどうなる?

子どもがいない夫婦の相続はどうなる?

子どもがいない夫婦の相続では、配偶者がすべての財産を相続できるわけではありません。相続の範囲や順位に加えて、トラブルを防ぐための生前対策をご案内します。

交通事故の損害賠償金、税金がかかる?かからない?

夫婦の相続は将来を見通して ~二次相続で家族に負担をかけない

配偶者に対する相続税の優遇制度があることを以前ご案内しましたが、財産の配分を考慮しないと子どもの代になって負担が重くなります。次の相続(二次相続)まで考慮すべき点をご案内します。

交通事故の損害賠償金、税金がかかる?かからない?

交通事故の損害賠償金、税金がかかる?かからない?

交通事故被害に遭った際に支払われる損害賠償金に税金はかかるのでしょうか。受け取ったタイミングによって異なるので、確認してみましょう。

気をつけたい、これからのタワーマンション相続税対策

気をつけたい、これからのタワーマンション相続税対策

「タワーマンションで相続税対策ができる」と聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。一方「もうマンション節税はできない」という声も。今後のタワマン節税についてまとめました。

農地を相続して営農するなら知っておきたい、農地等の納税猶予

農地を相続して営農するなら知っておきたい、農地等の納税猶予

コロナ禍による働き方の変化などで、農業に関心をもつ方が増えているようです。農地を引き継ぐ相続人が受けられる特例「農地等の納税猶予」について解説します。

遺言書で財産の受取人に指定した人が先に亡くなったら、どうなる?

遺言書で財産の受取人に指定した人が先に亡くなったら、どうなる?

せっかく遺言書を作成したのに、財産の受取人として指定した方が遺言者より先に亡くなられるケースがあります。この場合、亡くなった方の相続人が遺産を相続することになるのでしょうか?

認定長期優良住宅等の取得時に選べる2つの特例、どちらがお得?

認定長期優良住宅等の取得時に選べる2つの特例、どちらがお得?

マイホームを新築・購入する際には、迷われることが数多くあると思います。今回は認定長期優良住宅等の取得時に適用できる「住宅ローン控除」と「特別控除」を比較します。

亡くなったタイミングに贈与する、死因贈与とは?

亡くなったタイミングに贈与する、死因贈与とは?

自分の財産を他の人に無償で渡すことを「贈与」といい、渡し方によっていくつか種類があります。今回は贈与する方がご逝去されたタイミングに行われる「遺贈」と「死因贈与」をご紹介します。

名義株は放置しないで!問題と解決方法

名義株は放置しないで!問題と解決方法

相続税の税務調査では、名義預金に並んで「名義株」が問題にあがります。放置されがちな名義株について、どこが問題なのか、解決方法もあわせてご説明します。

相続した空き家を売却する前に。3,000万円まで控除される特例のご紹介

相続した空き家を売却する前に。3,000万円まで控除される特例のご紹介

団塊世代の相続が増加し、親の家の片付けに悩む方が全国的に増えているようです。こうしたなかで平成28年に制定された相続空き家の特例という制度があります。特例の要件や注意点についてご説明します。

土地の売買契約成立後に相続が発生。課税評価はどうなる?

土地の売買契約成立後に相続が発生。課税評価はどうなる?

土地を売却するために売買契約書を作成し、手付金を受け取りました。ところが、残金を受け取る前に相続が発生。この場合、相続税の課税価格はどのように計算するのでしょうか。事例をもとにご説明します。

死亡保険金の受取人が先に亡くなったら、保険金は誰が受け取る?

死亡保険金の受取人が先に亡くなったら、保険金は誰が受け取る?

お子さんがいらっしゃらないご夫婦の夫が、ご自身に万一があったときのために死亡保険に加入し、妻を受取人に指定しました。妻が先に亡くなった際に受取人変更をしなかったら、誰が死亡保険金を受け取ることになるでしょうか。

税務署から「相続税の申告等についてのご案内」「お尋ね」なぜ届く?

税務署から「相続税の申告等についてのご案内」「お尋ね」なぜ届く?

故人が逝去されて6カ月後に、相続人あてに税務署から「相続税の申告等についてのご案内」などの件名で郵便が届くことがあります。なぜ税務署は故人が逝去されたことや、財産の内容を把握しているのでしょうか?

非上場株式の贈与と自己株式の譲渡 ~無償でも税金がかかる?

非上場株式の贈与と自己株式の譲渡 ~無償でも税金がかかる?

オーナー企業にとって、事業承継時の株式の処分は大きな課題になります。無償で自社株を譲渡した場合にも税金がかかります。誰に対してどんな税金がかかるのでしょうか。

相続が発生している方のご相談は無料です。相続の専門家である私たちにお気軽にご相談ください。

ぜひ「お悩み解決」も合わせてご覧ください。

相続税申告のご相談・お問い合わせ
辻・本郷 税理士法人

私たちは、税務会計をご支援する辻・本郷 税理士法人の相続税専門チームです


上へ

お問い合わせ
0120-912-914
受付:9時〜21時※土日祝対応中