税理士が解説する相続税コラム

相続の専門家がお届けする相続税コラム

相続の専門チームがお届けする相続税コラムです。
相続の基本、実際にあった解決事例や辻・本郷の相続サービスの内容についてお伝えしていきます。

代襲相続とは? ~相続人とその範囲~

相続が起きたとき、すでに相続人が亡くなっている場合には、どのように相続権が引き継がれるのでしょうか。今回は代襲相続の原因と範囲とについて解説します。

相続って結局何をすればいいの? ~はじめての遺産相続手続き~

お客様との面談で「相続ははじめてのことでよくわかりません。結局何をすればいいの?」とよく聞かれます。相続でのお手続きを大きく「遺産を把握する」「遺産を引き継ぐ」の2つにわけてご紹介します。

お孫さんの未来を応援!~教育資金の一括贈与の特例~

祖父母から30歳未満のお子さんやお孫さんへ、教育のための資金を1,500万円まで非課税で贈与できる特例制度があります。通常の贈与とは手続きが異なり事前に準備が必要ですので、解説していきます。

農地を相続する前に ~農地評価の落とし穴~

相続財産に「田」や「畑」といった農地がある場合、相続税の計算にとても大きな落とし穴があることをご存じですか?農地を所有している方、相続する(される)前に注意点を確認しておくことをおすすめします。

「おひとりさま」の相続。相続人が誰もいない場合は?

社会やライフスタイルの変化に伴い、年々増える傾向にある「おひとりさま」。配偶者やお子さんがいない「おひとりさま」に相続が発生した際は、どんな手続きが必要なのか見ていきます。

賃貸アパートをサブリース契約で貸し付けた場合の敷地評価

賃貸アパートの評価については以前のコラムでも取り上げましたが、今回は賃貸アパートをサブリース契約で貸し付けていた場合の貸家建付地の評価についてご紹介します。

名義財産って何?

相続税の基礎控除の引き下げに伴い、他人事ではなくなってきている相続税において、書店などに並んでいる書籍を読むと「名義財産」という言葉を何かと目にします。「名義財産」とは何なのか、ご説明します。

被相続人(亡くなられた方)の所得の申告と納税 ~準確定申告~

ご家族が亡くなられた場合、葬儀後は悲しんでいる間もなく相続の各種手続きが始まります。所得税の準確定申告もそのひとつです。今回はこの「準確定申告」について説明します。

換価分割の基本知識と留意点 ~遺産を分割するとき~

近年、遺産分割協議の局面では、不動産よりも現預金の相続を希望される方も増えているように感じます。今回は遺産を分割する方法の一つ、換価分割の基本知識と留意点をご紹介いたします。

財産評価基本通達とは ~相続財産を評価する~

相続税の申告をするとき、相続した財産がいくらになるのか全ての価額を調べる必要があります。相続税額を計算する上で、財産の評価の仕方はとても大事になってきます。評価の基準となる基本通達についてご説明します。

生前贈与加算にご注意!~生前贈与による相続税対策の落とし穴~

相続税対策として生前贈与を利用されている方も多いと思いますが、その際に覚えておいていただきたいことの一つに「生前贈与加算」というものがあります。今回はこの「生前贈与加算」についてご説明します。

相続放棄とは ~手続きと影響を解説~

相続放棄とは、被相続人(亡くなった人)の財産および負債(借入金等)のすべてを相続人が承継せずに放棄することをいいます。相続放棄する場合の手続きからその影響までご説明します。

相続した親の自宅を売却しても税金がかからない?

近年ニュースになるほど話題となっている「空き家問題」。今後増え続けるといわれて何年かが経過し、その対策として措置法も制定されました。今回は空き家を売却する際の税金のお話です。

特別寄与料とはどんなもの? ~制度のポイント~

夫は既に亡くなっているが、義理の父母ががおり長年介護をしてきた。なのに、いざ相続となった時“遺産を分けてもらえなかった”。民法改正で寄与に相当する金銭を請求できるようになりましたのでポイントを解説します。

「結婚20年目のプレゼント」に自宅を贈与 ~贈与税の配偶者控除の特例~

長年連れ添ったご夫婦が、配偶者のために自宅を残したいと思うのはごく自然なことだと思います。一定の要件を満たしているご夫婦であれば贈与税の控除が受けられる、贈与税の配偶者控除の特例があります。

申告漏れに注意 ~生命保険契約に関する権利~

相続税の申告から漏れやすい財産の1つに「生命保険契約に関する権利」があります。被相続人が保険料を負担していた生命保険契約等で、まだ保険事故が発生していないものがある場合には、注意が必要です。

相続財産を寄付したら、相続税が安くなる?

お客様からよくあるご質問で「相続税を安くする方法はありますか?」というのがあります。その方法のひとつとして「相続財産の寄付」があります。要件をみたすことにより相続税の課税財産から除外することができます。

相続税が支払えない場合の対処方

相続税の申告、納付は死亡の日の翌日から10カ月以内に行わなければなりません。相続財産は多額ではあるが、不動産や株式の占める割合が多く、現金がない場合はどのようにすればいいのでしょうか。

相続税額は葬式費用で減らせる?覚えておきたい控除の範囲

葬式費用は債務と同様に、相続財産からマイナス(控除)することができるのをご存じでしょうか。相続税の支払いを減らすことができる、葬式費用の範囲についてご説明いたします。

家を相続したら相続税額が安くなる?~「小規模宅地等の特例」

一緒に住んでいた父親に相続が発生し、税理士さんからの「相続税がかかります」の声にびっくり!父親の残した自宅以外にはそんなに財産なんてないのに困ったわ……今回は自宅を相続する場合のお話をします。

アパート経営者の相続失敗事例

土地所有者がアパートを建設して土地の評価を下げ、相続税対策をされることはよくあると思います。その際、誤りやすい点をご紹介します。

法定相続分と遺留分 ~相続人の優先順位って?~

遺産を相続する人を相続人といいますが、民法では相続する権利がある人が決められており、順番(優先順位)があります。誰がいくら相続するか、遺言がある場合の配分はどうなるのか、ご説明します。

税務調査はどう行われる? ~時期や対象基準~

提出した申告書に財産の漏れがないか、誤りがないかを税務署の職員が確認しにくることを税務調査といいますが、相続税にも税務調査があります。税務調査の時期や対象基準などをお話しします。

相続財産の範囲 ~どんな財産に相続税はかかるの?~

相続税がかかる財産とかからない財産があるのはご存じですか?遺産のすべてが相続税の課税対象となるわけではありません。どのような財産が相続税の対象となるのか、ご紹介していきたいと思います。

相続の相談にはどんな資料を準備すればいいの?

相続税申告のご相談をお電話等でいただく際に、99%の確率で聞かれる質問は、「相談に伺う際、どんな資料を準備すればいいですか?」です。今回は相続手続きに最低限必要な資料や、その資料の集め方をご案内します。

相続税申告書の提出先と納付方法

相続税の申告書は税務署に提出しますが、どこの税務署へ提出してもよいわけではありません。申告書の提出先と納付方法についてお伝えします。

相続税の申告状況(平成30年分)

令和元年12月に国税庁が「平成30年分 相続税の申告事績の概要」を公表しました。平成30年分の申告状況についてご説明します。

令和2年4月から施行される配偶者居住権について

夫が亡くなってしまい相続が発生したとき、妻が長年住んできた家に住めなくなってしまうということがありました。40年ぶりの民法の相続法改正により、「配偶者居住権」が令和2年4月から施行されます。

相続税の基礎知識(相続税のしくみと申告・納税期限)

相続税は、財産を“相続した”または“遺贈を受けた”場合に課税されます。相続税の基礎知識として、相続税のしくみや課税対象となる財産と基礎控除、相続税の申告・納税についてご説明します。

土地の有効利用で相続対策 ~土地の評価額~

多額の預貯金がある場合には、生前に不動産に替えておくことで大幅に節税できます。今回は、相続税の計算における土地の評価についてご紹介します。

遺言のつくり方 ~お手軽になりました~

相続に対する世の中の関心の高まりに応じて、遺言をつくられる方も非常に増えています。また法令面でもそれを後押しするように、これまでよりも遺言がお手軽に作成いただける改正が行われました。

生命保険の活用 ~生命保険と相続税対策~

「生命保険は相続税の対策になる」そう聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。今回は生命保険による相続税対策についてご紹介いたします。

遺産分割協議書作成の注意点

相続人が複数人いて遺産の分割方法が決まってない場合、遺産をどう分けるか話し合いをする必要がでてきます。 今回は、相続の仕方を決める「遺産分割協議書」を作成する際の注意点をお伝えします。

かしこい生前贈与について

相続税が身近な税金として関心が高まっている昨今、節税対策を生前にしておく事が重要になってきます。そこで対策の一環として生前贈与についてご紹介します。

孫を養子に……相続税が軽減される?

孫を養子にすると相続税の対策になるという話を聞いたことはありませんか?養子は「子」として血縁のある実子と同じ立場となるため、養親が亡くなった場合には財産を相続する権利を有することになります。

相続人に未成年者がいる場合の遺産分割協議はどうすればいいの?

相続人が配偶者と子供である場合など、相続人の中に未成年者が含まれるケースもあります。未成年者は遺産分割協議に参加できるのでしょうか?相続人に未成年者がいる場合の遺産分割協議についてご説明します。

配偶者の相続税が安くなる制度

戸籍上の配偶者に対して相続税が優遇されているのはご存知ですか?
財産の維持形成に対する配偶者の内助の功や今後の生活保障などを考慮して、一定の相続財産までは課税されない配偶者の税額軽減という制度があります。

相続税申告後に見つかった財産

相続税の申告と納税が済んで一安心!と思っていたある日、タンスの奥から見たことのない預金通帳や証書が……。名義はお亡くなりになったご家族名義だけでなく、ご自身やお子様名義のものも。こんな場合、いったいどうしたら良いのでしょうか?

相続時精算課税制度とは?わかりやすく解説します!

「相続時精算課税制度」という贈与の方法をご存じでしょうか?高額な資産も贈与税がかからず贈与することができますが、注意しなければならない点もあります。メリットとデメリットをご説明します。

とある相続税の税務調査

税務署に申告した内容について誤りがないか、聞き取りや書類の確認が行われることがあります(税務調査)。相続税の税務調査とはどんなものなのか?実際に立ち会った調査でのやり取りを交えてご紹介します。

未成年者・障害者の方は相続税が軽減されます

相続人が未成年者や障害者であった場合は、相続税が安くなるのはご存知でしょうか?相続や遺贈によって財産を取得した方が未成年者や障害者である場合その方の年齢に応じて相続税が軽減される制度が設けられています。

相続税はかかるのか? ~相続税の計算方法~

相続税のご相談をいただきますが、皆さまから「相続税がかかるか?」「相続税がいくらかかるか?」というご質問が多く寄せられます。遺産総額と法定相続人の人数で、相続税がかかるのか把握しておくことができます。

相続に強い税理士の見分け方

税理士には専門分野があるのをご存知ですか。例えば、税理士が業務として取り扱う税目には法人税・所得税・消費税・相続税等があり、さらに業種でも専門分野がわかれます。「相続に強い税理士」の見分け方とポイントをご説明します。

相続が発生している方のご相談は無料です。相続の専門家である私たちにお気軽にご相談ください。

    

ぜひ「お悩み解決」も合わせてご覧ください。

相続税申告のご相談・お問い合わせ
相続かるた
辻・本郷 税理士法人

私たちは、税務会計をご支援する辻・本郷 税理士法人の相続税専門チームです


上へ

お問い合わせ
0120-912-914
【受付】平日9時〜17時半 ※土日祝除く