お客様の声

財団法人 煎茶道 東阿部流 理事長 土居 秀彰 様

土居 秀彰

財団法人の切り替えを依頼

以前、官公庁との折衝を必要とする難しい案件があったのですが、それを解決してくださったのが、辻・本郷 税理士法人たったのです。短期間でスムーズに処理していただいたので、新たに公益法人制度改革にともなう移行業務もお願いしたのです。私たち文化の世界に生きる者は、法律や税務のことなどにあまり明るくないのですが、担当の安藤さんは、難しい事案もわかりやすく説明してくださり、その都度的確なアドバイスもいただけたので、非常に助かりました。理事会にも3~4回出席して丁寧に説明してくださったおかげで、他の幹部も安藤さんを信頼し、すんなり決議できたのです。さすがは専門家だと思いましたね。

今回の件でさらに任せて安心だと思ったので、当財団の月次決算の顧問契約も結びました。これまでの顧問会計士とは違って、収支結果報告だけではなく、決算結果の分析や今後の事業展開の提案、さらには官公庁に対するアピールの方法まで具体的にしていただいているのでたいへんありがたいと思っております。 今後も、このまま末永くお付き合いいただきたいと思っています。

お客様のご紹介

煎茶道東阿部流
会社名 財団法人 煎茶道 東阿部流
理事長 土居 秀彰
住所 神奈川県川崎市幸区戸手本町1-7-2
TEL 044-542-6626
Webサイト http://www.higashiaberyu.or.jp/

江戸時代の文人・煎茶家である阿部縑州の流れをくみ、明治初期、稲生雪松を流祖として発足。現在は五世家元・ 土居雪松氏を中心に全国11支部、約3000人の会員が活動している。

煎茶道を通して人間形成

煎茶道を通して人間形成

「煎茶道東阿部流」は、日本の伝統文化である煎茶道の継承・普及・向上に取り組んでいる財団法人です。現在、日本の煎茶道は、全日本煎茶連盟に加盟しているものだけで38流派があり、それ以外も含めると数えきれないほどの多くの流派があります。そんな中で、東阿部流は「和」の心を基本に、「感謝」「奉仕」「互譲」「反省」を流是(※通常の会社の「社是」)としています。

活動内容は多岐に渡りますが、中心となるのはやはりお茶会です。家元である私も年に3~4回ほどお茶会を主催しています。お茶会というと皆さん、敷居が高いと思われるかもしれませんが、煎茶道は権威や形式を嫌う文人墨客たちから始まっているので、決して堅苦しいものではありません。そういった自由な雰囲気も煎茶道の大きな魅力です。

加えて、煎茶道の研究や、弟子の稽古、指導、育成なども伝統文化の継承という意味で非常に重要な活動です。私たちは、お弟子さんにただ単にお茶の淹れ方を教えればいいとは考えておりません。お点前はもちろんのこと、美しい立ち居振る舞いやおもてなしの心などに重きをおいています。つまり、煎茶を通してすばらしい人に成長していただきたいというのが私たちの願いで、冒頭に申し上げた当流派の特色である4つの流是はそのためにあるのです。

茶葉のインターネット通販

私たちの夢は煎茶という日本の伝統文化を広めることです。そのために、最近、より多くの方に気軽に参加してもらおうと、テーブルを使ったお茶会を企画しました。お茶会というと敬遠されがちなのですが正座が苦手な方でも、かなり好評でした。また、厳選した茶葉のインターネット通販も始めました。これも若い人に煎茶のおいしさを知ってもらうためです。

煎茶の魅力

日本国内だけでなく海外でもお茶会を開いています。これまで香港やアメリカ、ヨーロッパなどで煎茶を紹介してきました。外国の方にも好評でうれしい限りです。 こういった活動を通して、ひとりでも多くの方に煎茶の魅力を伝えていければと思っております。

公益法人コンサルティング

財団法人をはじめとした各種公益法人の税務・運営をサポートするサービスです。 最近では、公益法人制度改革にともない、その移行・設立業務に特に力を入れており、わかりやすい改正対応セミナーを全国で開催しております。このたびは、公益法人部より久保部長・安藤税理士が担当させていただきました。

公益法人サービス