お客様の声

株式会社佐々木製菓 代表取締役社長 佐々木 健三様

株式会社佐々木製菓 代表取締役社長 佐々木健三様

経営戦略決定の貴重な材料に

 辻・本郷 税理士法人の本郷理事長とは高校の同級生ですが、25年前にある会合で偶然再会したことから法人としての御縁ができました。当時、財務に詳しい専門家を探していたので、財務関係の業務をお願いすることになりました。現在は税務顧問業務、事業承継、組織再編などでお世話になっています。

 これまで長年にわたって当社の財務状況を多角的に分析していただいたおかげで、社内にデータが蓄積されて、経営上の大きな決断をする際に非常に役に立っています。たいへんありがたいことですね。今後も引き続きサポートしていただければと思っています。よろしくお願いします。

お客様のご紹介

伝統の味を守り続ける せんべいメーカー
会社名 株式会社佐々木製菓
代表者 佐々木 健三
住所 岩手県一関市赤荻鬼吉52
TEL 0191-25-3333
Webサイト http://www.rakuten.co.jp/iwasen/

昭和32年創業の煎餅製造販売会社。人気商品は名代三色せんべい、手焼せんべいなど。直営店は仙台、岩手など4店舗。デパートや主要各駅のお土産売り場、楽天などで購入できる。

味を守り続ける

ささきせんべい

 私たちは南部せんべいなどを作って販売しているせんべい製造販売会社です。南部せんべいは南部藩の名産品として有名ですが、私たちが作っているのは、南部せんべいをベースに改良を重ねて開発した佐々木製菓独自のせんべいで、いわゆる従来の南部せんべいとは異なります。

 昭和32年、初代社長が創業したのが始まりですが、そもそもは県庁に勤める技術者でした。せんべい作りに関してはなにせ全くの素人だったので最初は苦労の連続だったようです。しかし、日々、試行錯誤を繰り返す中で、昭和45年頃、従来の南部せんべいにマーガリン、卵、ピーナッツなどを使用して作ったせんべいがヒットしました。せんべいというよりクッキーに近いものが現在の佐々木製菓のせんべいの原型で、それが大勢のお客様に喜ばれて、売上げと知名度アップのきっかけとなりました。

 もし初代社長が最初からせんべい職人であれば、現在のせんべいを生み出すことはできなかったかもしれません。全く違う異業種からのチャレンジだったからこそ、自由な発想と日々の努力が従来の常識を打ち破る革命的なせんべいを創出することができたのだと思います。

 現在、せんべいを作っている私たちが一番大事にしているのはそんな志を受け継ぐことです。つまり、初代社長がつくり出したせんべいの味を守り、後世に伝えていくのが私たちの使命だと思っています。製法や原材料は創業以来同じものを使っており、創業者が苦労の末確立した味を守り抜くことに、こだわっているのです。

株式会社佐々木製菓

 しかし、「味を守り続ける」のは、口で言うほどやさしいことではありません。原材料は常に同じものが手に入るとは限りませんし、価格も時代によって左右されます。まずは原材料の確保がたいへんです。また、原材料は生き物ですから、その時々の気候、気温、湿度などの環境要因に影響を受けます。同じ製法で作っていては天気や季節が変われば味も変わってしまう。だから弊社の職人は、基本的な製法を元に、その時々の状況に応じて微妙な調整を施しています。さらに品質管理も日々徹底して行っているので、いつ食べても味が変わらないせんべいを作り続けることができるのです。

 社長として何より大事なのは従業員です。商品や会社の付加価値を高めてくれるのは彼らだと思っているので、自分のやりがいというよりは、社員の士気、仕事のモチベーションをいかに高めるかということを常に考えています。

 おかげさまで現在はお客様に恵まれてなんとか経営を維持できていますが、商売である以上、それがいつまでも続くという保証はありません。今後は、従来どおり、品質管理の努力はもちろんのこと、平行して新商品の開発努力も不可欠だと思っています。ヒット商品を生み出すのは難しいことですが、決してあきらめず、あくなき挑戦をしていかなければならないと思っています。

pickup

法人向けサービス / 経営コンサルティング

企業が抱えている様々な課題やその問題点を、これまで培ってきた実績とクオリティの高さを活かして、財務のプロである税理士が、より健全な経営、改善・解決のお手伝いをいたします。公認会計士が財務(財務デューデリジェンス)の実態をつかみ、事業(事業デューデリジェンス)計画立案のお手伝いをいたします。

辻・本郷 税理士法人 館林支部