新着税務トピックス

新着税務トピックス

新着税務トピックス一覧

地積規模の大きな宅地の評価

1.適用時期 平成 30 年1月1日以後に相続、遺贈又は贈与により取得した財産の評価に適用。 2.改正のポイント 【1】通達改正の趣旨 相続税等の財産評価の適正化を図るため、相続税法の時価主義の下、実態を踏まえて、広大地… 続きはこちら

ふるさと納税の返礼品競争の沈静化に向けて

総務省は、過熱するふるさと納税の返礼品競争を抑制する為、有識者等からの意見を参考に、改善策を取りまとめ、平成29年4月1日付けで総務大臣名で地方団体に対して、「ふるさと納税に係る返礼品の送付等について」を通知しました。 … 続きはこちら

公的年金受給資格の短縮

必要な資格期間が25年から10年に短縮されました これまでは、老齢年金を受け取るためには、保険料納付済期間(国民年金の保険料納付済期間や厚生年金保険、共済組合等の加入期間を含む)と国民年金の保険料免除期間などを合算した資… 続きはこちら

配偶者控除及び配偶者特別控除の見直し

1.適用時期 平成30年分以後の所得税 *源泉徴収義務者は30年1月以降の給与等の支払時の源泉徴収から 2.改正のポイント 【1】配偶者控除及び配偶者特別控除の控除額の改正 (1)配偶者控除の控除額の改正及び、給与所得者… 続きはこちら

「育児・介護休業法」改正

平成29年10月1日から改正育児・介護休業法がスタートします。 改正内容(1) 最長2歳まで育児休業の再延長が可能に 現 行・・育児休業期間は、原則として子が1歳に達するまで、保育所に入れない等の場合に、例外的に子が1歳… 続きはこちら

法人事業概況説明書の改訂

1.改訂時期 法人事業概況説明書は法人の確定申告書に添付する書類です。 平成30年4月1日以後に終了する事業年度分より改訂となります。 表面のみ改訂となり、裏面は従来どおりです。 2.主な改訂内容 (1)法人番号欄の追加… 続きはこちら

民法改正(債権法)について

本年5月26日に、民法(債権法)の改正法案が成立し、6月2日に公布されました。 最も身近な法律である「民法」が、120年ぶりの大改正により、大きく変わります。 改正後の民法が施行されるのは、平成32年4月頃となる模様です… 続きはこちら

クレジットカード納付の手続き

1. 概要 クレジットカード納付とは、インターネット上でのクレジットカード支払の機能を利用して、国税庁長官が指定した納付受託者(トヨタファイナンス株式会社)へ、国税の納付の立替払いを委託することにより国税を納付する手続で… 続きはこちら

積立NISAの創設

現行の一般NISA(年間投資上限額120万円の少額投資非課税制度)は、これまで株式などのリスク資産へ投資に親しみがなかった方に継続的な資産形成を始めるインセンティブを付与する観点等から導入された制度ですが、その利用者がこ… 続きはこちら

法務局による休眠会社・休眠一般法人の整理作業

法務局による休眠会社・休眠一般法人の整理作業があるのはご存知でしょうか。 休眠会社又は休眠一般法人について、法務大臣による公告及び登記所からの通知がされ、この公告から2か月以内に役員変更等の登記又は事業を廃止していない旨… 続きはこちら

1 / 3512345...102030...最後 »

税務・経理に関するご相談はお気軽にお問い合わせください

0120-730-706 電話対応時間9:00-18:00 土日祝日年末年始を除く