新着税務トピックス

新着税務トピックス

新着税務トピックス一覧

積立NISAの創設

現行の一般NISA(年間投資上限額120万円の少額投資非課税制度)は、これまで株式などのリスク資産へ投資に親しみがなかった方に継続的な資産形成を始めるインセンティブを付与する観点等から導入された制度ですが、その利用者がこ… 続きはこちら

法務局による休眠会社・休眠一般法人の整理作業

法務局による休眠会社・休眠一般法人の整理作業があるのはご存知でしょうか。 休眠会社又は休眠一般法人について、法務大臣による公告及び登記所からの通知がされ、この公告から2か月以内に役員変更等の登記又は事業を廃止していない旨… 続きはこちら

消費税の軽減税率制度

概要 平成31年10月から消費税率が10%に引き上げられ、これに伴って軽減税率制度が導入されることになっております。 軽減税率制度は、消費税率10%への引き上げに合わせて、低所得者に配慮する観点から実施されるものです。 … 続きはこちら

酒類の販売ルールの見直しについて

「酒税の保全及び酒類の取引の円滑な運行」及び「酒類の適正な販売管理の確保」を図ることを目的とした酒税法等の一部改正法が平成28年6月3日に公布され、これに基づき、平成29年3月31日に「酒類の公正な取引に関する基準」(国… 続きはこちら

法定相続情報証明制度

法務省は、相続に係る不動産登記を促進するため、「法定相続情報証明制度」を創設しました。同制度に係る不動産登記規則の改正省令が4月17日に公布され、5月29日に施行されます。全国の登記所(法務局)で同日から「認証文付き法定… 続きはこちら

所得拡大促進税制の見直し

(1) 所得拡大促進税制とは 青色申告書を提出している法人(又は個人事業主)が、3つの要件を満たした場合に、雇用者給与等支給増加額の10%を法人税額(又は所得税額)から控除(税額の10%(中小企業者等は20%)が上限)で… 続きはこちら

地域中核企業向け設備投資促進税制の創設

地域経済を牽引する中核企業等が、地域経済に波及効果のある新たな事業に挑戦するために行う設備投資について、特別償却又は税額控除できる制度が創設されます。 1.要件 (1)青色申告書を提出している法人 (2)同意地域中核事業… 続きはこちら

携帯品免税制度と仮想通貨について

携帯品免税制度と仮想通貨について、以下のように改正されます。 1. 携帯品免税制度 ※1の対象拡大 【改正前】 携帯品免税制度の対象は本邦の国際空港の出国エリア内の保税蔵置場(保税売店において購入した物品)が対象でした。… 続きはこちら

類似業種比準方式の計算方法の見直しについて

昨年末に平成29年度税制改正の大綱が発表されましたが、取引相場のない株式の評価のうち類似業種比準価額の計算方法について見直しが行われ、改正される見込みです。 今回のトピックスでは、その見直しのうち、下記2点をお知らせいた… 続きはこちら

経営力向上計画による借入優遇措置

中小企業の「本業」の生産性向上を目的とする、経営力向上計画の認定措置が 平成28年7月1日から施行されています。 この経営力向上計画の認定を受けると、固定資産税の軽減措置を受けられる他、日本政策金融公庫による低利子融資を… 続きはこちら

消費税増税等の延期

1. 概要 平成28年9月、「社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うための消費税法の一部を改正する等の法律等の一部を改正する法律案」が閣議決定され、国会で審議入りしています。成立すれば、消費税率10%へ… 続きはこちら

1 / 3412345...102030...最後 »

税務・経理に関するご相談はお気軽にお問い合わせください

0120-730-706 電話対応時間9:00-18:00 土日祝日年末年始を除く