新着税務トピックス

新着税務トピックス

新着税務トピックス一覧

自筆証書遺言制度の見直しについて

民法(相続法)改正法案が成立し、平成30年7月13日に公布されました。民法のうち、相続法の分野においては昭和55年以来、約40年振りの大幅な見直しがなされております。このうち、自筆証書遺言制度についても改正があり、従来に… 続きはこちら

民泊新法による民泊サービスの所得課税等について

自己が居住する住宅やマンションの空き部屋などを活用して宿泊を行う、いわゆる「民泊サービス」に関しては、近年、外国人旅行者からのニーズもあり、利用者が年々増加しているようです。 このような背景もあり、民泊の新しい規定やルー… 続きはこちら

平成29年度租税滞納状況について

平成30年8月7日に国税庁より平成29年度租税滞納状況が発表されました。 (滞納とは、国税が納期限までに納付されず、督促状が発付されたものをいいます。) 平成29年度末における滞納整理中のものの額(滞納残高)は8,531… 続きはこちら

償却資産の申告時期の見直し

償却資産の申告期限については、以前から見直しの要望等が挙がっており、新たな償却資産の制度設計が議論されております。 1.償却資産に係る制度の現況 現在の償却資産に係る固定資産税の制度では、毎年1月1日に所有している償却資… 続きはこちら

遺留分制度の見直し(民法改正)

本年7月6日に、民法改正法案(相続法)が参議院本会議で承認可決されました。 この民法改正案において、遺留分制度が見直される予定です。改正の主な内容は以下のとおりです。 1.改正の概要 (1)相続開始前の10年間に限定 現… 続きはこちら

国際観光旅客税の創設

1.概要 観光先進国実現にむけた観光基盤の拡充・強化を図る観点から、国際観光旅客税が創設されました。国税の新税の導入は27年ぶりで、本邦から出国する旅客(国際観光旅客等)から出国1回につき、1人当たり1,000円を航空会… 続きはこちら

【平成30年税制改正】たばこ税の見直し

概要 高齢化の進展による社会保障費等の増加もあり、国・地方での厳しい財政状況を踏まえ、財政物資としてのたばこの基本的性格や諸外国における税負担を考慮し、たばこ税の負担水準が見直されます。税率の引上げにあたっては、消費者や… 続きはこちら

【平成30年税制改正】IoT投資税制

この税制は、自公与党税制調査会が示した「情報連携投資減税」案を政策化したもので、自民党が推進する「生産性革命」の具体策となっています。ITにかかわる税制措置は、2003年にスタートした「IT投資促進税制」以来、15年ぶり… 続きはこちら

タイの移転価格税制について

近年、東南アジア諸国でも移転価格文書化に関する法令が公布されております。 なかでもタイは進出している日系企業も多いため、今後法令が施行されると多くの日系企業が文書化に対応する必要がでてくると思われます。 1.内容 当該事… 続きはこちら

1 / 3612345...102030...最後 »

税務・経理に関するご相談はお気軽にお問い合わせください

0120-730-706 電話対応時間9:00-18:00 土日祝日年末年始を除く