開く閉じる

生前対策コンサルティング

ホームnavigate_nextサービスのご案内navigate_next生前対策コンサルティング

早めの対策が円満な相続に
つながります。
一人ひとりのニーズに沿った適切な対策をご提案いたします。

相続対策をはじめるのに、早すぎることはありません。
家族構成や保有している財産、ご家族への想い等、お客様ごとに置かれる状況は異なります。お客様の現状を把握し、
課題解決に向けた最適なご提案をお約束いたします。

地主の方、不動産を複数所有している方

会社を経営している方

遺産総額が3億円を超える方

相続人同士が不仲・疎遠な方、トラブルが予想される方

生前対策コンサルティングの流れ

01

初回面談・お御見積りの提示

お客さま一人ひとり取るべき対策は異なります。
初回面談ではお客様の財産内容や状況をお伺いし、想定される課題の洗い出しを行います。

02

シミュレーションの実施、具体的対策の検討

想定される課題に対して、お客さまのご意向に沿った対応策を検討し、
具体的な実効策とその効果をご案内させていただきます。

03

対策の実行

事前に検討した対策案どおりに実行をいたします。
生前贈与、保有資産の売却、資産管理会社の設立、法個人間の売買など、対応策は様々です。

生前対策の基本3原則

相続税は、税理士によって財産の評価額及び税額が大きく変わることも珍しくありません。
例として、以下のポイントが挙げられます。

01

遺産分割対策

相続対策で最も重要なことは「揉めないための対策」をすることです。相続人同士の仲が良くない、相続する財産に不平等が生じる可能性がある、不動産など分割しづらい財産が多い場合等はトラブルになる可能性が高いです。

02

納税資金の対策

相続税は10ヶ月以内に現金納付をすることが原則です。相続人に余資がない場合には、被相続人名義の金融資産を期限内に解約をしたり、場合によっては不動産を売却する必要があるかもしれません。

03

相続税の負担軽減

少しでも税金をおさえられるように、適切な方法で生前贈与を行う、保険の非課税枠を活用する、アパートを建設する等、一人一人のご状況にあった具体的な対策を検討・ご提案します。

 

生前対策コンサルティングに関する
よくあるご質問

Q
生前対策はいつ頃からはじめればよいのでしょうか。
A

早めに準備を進めることで、よりよい生前対策を行うことができます。
ただし、令和5年度税制改正により、令和6(2024)年1月1日以後に贈与により取得した財産に関する取扱いが変更となります。
生前対策をご検討の際は、一度ご相談ください。

Q
どのような対策をすればいいのか分かりません。
A

一口に相続対策と言っても、相続人との関係や財産構成、お客様の想いに応じて、とるべき対策は異なります。
当センターでは、お客様から現在の状況やご要望をヒアリングし、お一人おひとりに沿った対策を検討いたします。

相続税専門の425名のスタッフがお客様の相続税申告をお手伝いします

相続税専門の425名のスタッフが
お客様の相続税申告をお手伝いします

相続のご相談・
お問い合わせ

電話で相談する
0120-912-914受付時間:9:00〜21:00 [土日祝も受付中]
メールで相談・問い合わせする
相続税はいくらかかる?
概算額を計算できます
相続に関する質問に
お答えします