収穫の秋

2018年11月7日 投稿者:

先日、栃木県鹿沼市の農家に米を買いに行きました。我が家は毎年1年分の米をまとめ買いします。6人家族で年間5俵です。(1俵60㎏、米袋1つ30㎏なので10袋)実家の分とお友達の分も一緒に買うのでトラックで米袋30個ほどを積んできます。
うちには米を保管する用のドラム缶があり、そこから少しずつ出し精米して食べます。少量を精米して食べるのでおいしいです。

栃木の米農家は今どき珍しい専業農家で年間の米生産量4,000俵だそうです。それを家族3人で作っています。品種はミルキークイーンといって、もちもちとしていて粘りがあるのが特徴です。やわらかい米が好きな人には持って来いです。

毎年、道の駅や野菜直売所・梨園などに寄り道をして米だけでなくさまざまな秋の収穫を手に入れます。お昼には手打ちそば(鹿沼はニラそばが有名です。)を食べ、単なる米購入目的ではなく、りっぱな栃木観光です。紅葉がまだそれほど進んでいないのが残念ですが、毎年楽しみにしている我が家の行事です。