辻・本郷 税理士法人
English

メールお問い合わせ

検索する

【平成25年度税制改正の概要】社会保険診療報酬の所得計算特例(概算経費)の見直し

  • 税務・会計

【概要】
社会保険診療報酬の所得計算の特例を存続させる。
ただし、その年の医業及び歯科医業に係る収入金額が7,000万円を超える者を適用対象から除外する措置を講ずる。

【改正前】
<参考>社会保険診療報酬の所得計算の特例(現行制度)
医業又は歯科医業を営む個人及び医療法人が、年間の社会保険診療報酬が5000万円以下であるときは、当該社会保険診療に係る実際経費にかかわらず、当該社会保険診療報酬を4段階の階層に区分し、各階層の金額に所定の割合を乗じた金額の合計額を社会保険診療に係る経費とする。

■社会保険診療報酬の金額概算経費率

社会保険診療報酬の金額 概算経費率
2500万円以下 72%
2500万円超 - 3000万円以下 70%
3000万円超 - 4000万円以下 62%
4000万円超 - 5000万円以下 57%

【改正後】

年間の社会保険診療報酬が年間5,000万円以下
かつ
自由診療報酬と社会保険診療報酬の合計額が年間7,000万円以下

注)上記の改正は、
個人は平成26年分以後の所得税について適用し、
法人は平成25年4月1日以後に開始する事業年度について適用する。

お気軽にお問い合わせください

「まずは話だけでも聞いてもらいたい」「相談内容が正しいかわからない」
迷っているならまずは軽い気持ちで構いません。
お悩み、ご相談内容をお聞かせください。

0120-730-706

9:00~17:30(土日・祝日・年末年始除く)

メールでお問い合わせ