辻・本郷 税理士法人
English

メールお問い合わせ

検索する

相続と売買により取得し単独所有となった土地の譲渡所得の取得費

  • 所得税
  • 国税・地方税

名古屋国税局において、一筆の土地を「相続」と「売買」により別個に取得し、その土地の単独所有者となった者が、その土地を譲渡した場合における譲渡所得の取得費について、「概算」による取得費と、「実額」による取得費の合計額とする、照会者の見解を認める回答を行い、文書回答で示しました。

■概要

甲は、平成13年4月に、A土地の共有持分3分の1を、父から相続により取得、その後、平成18年3月に、A土地の共有持分の3分の2を、甲の兄から売買により取得(取得価額:2,500万円)しました。
甲は、A土地の単独所有者となり、平成24年4月に不動産業者(売却価額:6,000万円)へ売却しています。
今回の照会は、この譲渡所得の計算に当たっての取得費の計算方法についての見解を求めたものです。

■取扱い

甲は、平成13年4月に、A土地の共有持分3分の1を、父から相続により取得、その後、平成18年3月に、A土地の共有持分の3分の2を、甲の兄から売買により取得(取得価額:2,500万円)しました。
甲は、A土地の単独所有者となり、平成24年4月に不動産業者(売却価額:6,000万円)へ売却しています。
今回の照会は、この譲渡所得の計算に当たっての取得費の計算方法についての見解を求めたものです。

1. A土地のうち、相続により取得した共有持分3分の1部分に対応する取得費

相続により取得した土地を譲渡した場合には、その取得費は、被相続人が取得した際における取得価額となります(所得税法第60条第1項)。
今回のケースは、父がA土地を取得した際の実際の取得価額が不明であったことから、「譲渡による売却金額の100分の5に相当」とする概算による取得費としています(租税特別措置法31条の4、租税特別措置法関係通達31の4‐1)。

 60,000,000円(売却金額)× 持分1/3 × 5% = 1,000,000円・・・(1)

2. A土地のうち、売買により取得した共有持分3分の2部分に対応する取得費

甲の兄に対して支払った実際の支払金額(25,000,000円)としています。

 25,000,000円(持分3分の2相当の実際支払金額)・・・(2)

3. A土地全体の取得費

(1)と(2)の合計額となります。

(1)+(2)= 26,000,000円

お気軽にお問い合わせください

「まずは話だけでも聞いてもらいたい」「相談内容が正しいかわからない」
迷っているならまずは軽い気持ちで構いません。
お悩み、ご相談内容をお聞かせください。

0120-730-706

9:00~17:30(土日・祝日・年末年始除く)

メールでお問い合わせ