辻・本郷 税理士法人
English

メールお問い合わせ

検索する

【税率構造の見直し】法人税・消費税・所得税の税率の推移について

  • 消費税
  • 所得税
  • 法人税

1.概要

近年においては、消費税に代表されるように、各税目において税率の変更や見直しが頻繁に行われております。そこで、法人税、消費税及び所得税についてあらためて税率を確認していきたいと思います。

2.内容

3.まとめ

税率をあらためて確認してみると、大きな流れとして、法人課税は減税で個人課税は増税と考えられます。税率の推移について政府の考え方を確認すると、法人税課税の減税は、デフレ脱却と国際競争力の強化の目的があり、一方で個人課税の増税については、成長と冨の再循環という目的があります。
税率の変動が大きい経済状況下においては、税率の変更の確認とともに国の経済状況や政府の税負担の考え方についても留意をする必要があると考えられます。

お気軽にお問い合わせください

「まずは話だけでも聞いてもらいたい」「相談内容が正しいかわからない」
迷っているならまずは軽い気持ちで構いません。
お悩み、ご相談内容をお聞かせください。

0120-730-706

9:00~17:30(土日・祝日・年末年始除く)

メールでお問い合わせ