辻・本郷 税理士法人
English

メールお問い合わせ

検索する

小規模宅地等の特例 限度面積要件の緩和

  • 相続税・贈与税

平成27年1月1日以後の相続又は遺贈により取得する場合について、小規模宅地等の評価減の特例が拡充されることになりました。

(1)特定居住用宅地等の対象面積の拡大

(2)特定の事業用宅地等との完全併用
 現行では一定の調整計算により400㎡まで適用

(3)貸付事業用宅地等が混在する場合には従来通り「限定併用」となります。

(1)限定併用(貸付事業用宅地等(C)を優先的に選ぶ場合)


(2)完全併用を選択する場合
 AとBは各限度額まで「完全併用」できます。

お気軽にお問い合わせください

「まずは話だけでも聞いてもらいたい」「相談内容が正しいかわからない」
迷っているならまずは軽い気持ちで構いません。
お悩み、ご相談内容をお聞かせください。

0120-730-706

9:00~17:30(土日・祝日・年末年始除く)

メールでお問い合わせ