辻・本郷 税理士法人
English

メールお問い合わせ

検索する

取引相場のない株式等の評価(純資産価額方式における法人税等相当額)の改正

  • 法人税

平成26年度税制改正において、復興特別法人税が1年前倒しで廃止され、併せて地方法人税の創設並びに事業税、地方法人特別税、道府県民税及び市町村民税の税率の改正が行われました。これに伴い、取引相場のない株式等の評価上、純資産価額方式における法人税率等の合計割合を、42%から40%に引き下げる旨の通達改正が行われました。

1.純資産価額方式の計算方法

取引相場のない株式等の評価における純資産価額方式は、会社の総資産や負債を相続税評価額に洗い替えたうえで、その評価した総資産の価額から負債及び評価差額に対する法人税等相当額を控除した残額により評価する方法です。

2.改正後の法人税等相当額の税率の内訳

(1)平成26年4月1日以後の「法人税率等の合計割合」の内訳

(2)平成26年10月1日以後の「法人税率等の合計割合」の内訳


3.適用時期

上記2(1)の改正は平成26年4月1日以後、2(2)の改正は平成26年10月1日以後に相続、遺贈又は贈与により取得した取引相場のない株式等の評価に適用されます。ただし、法人税率等の合計割合は上記2(1)、(2)のとおり、いずれも40%となります。

お気軽にお問い合わせください

「まずは話だけでも聞いてもらいたい」「相談内容が正しいかわからない」
迷っているならまずは軽い気持ちで構いません。
お悩み、ご相談内容をお聞かせください。

0120-730-706

9:00~17:30(土日・祝日・年末年始除く)

メールでお問い合わせ