辻・本郷 税理士法人
English

メールお問い合わせ

検索する

簡易課税制度のみなし仕入率の見直し

  • 消費税

1.概要

平成26年度の税制改正により消費税における簡易課税制度のみなし仕入率及び事業区分について見直しが行われました。

2.内容

平成27年4月1日以後に開始する課税期間から見直し後のみなし仕入率及び事業区分が適用されます。見直しが行われたみなし仕入率及び事業区分は以下の通りです。

(1)金融業及び保険業を第五種事業とし、みなし仕入率が50%となります。

(2)不動産業を第六種事業とし、みなし仕入率が40%となります。



3.適用時期

上記の改正は、平成27年4月1日以後に開始する課税期間について適用されます。

ただし、平成26年10月1日前に簡易課税制度選択適用届出書を提出した事業者で当該課税期間につき簡易課税制度の強制適用を受けるものについては、簡易課税制度の適用を開始した課税期間の初日から2年を経過する日の属する課税期間の末日の翌日以後に開始する課税期間から適用することとされています。

お気軽にお問い合わせください

「まずは話だけでも聞いてもらいたい」「相談内容が正しいかわからない」
迷っているならまずは軽い気持ちで構いません。
お悩み、ご相談内容をお聞かせください。

0120-730-706

9:00~17:30(土日・祝日・年末年始除く)

メールでお問い合わせ