辻・本郷 税理士法人
English

メールお問い合わせ

検索する

平成23年分所得税の扶養控除の取り扱い

  • 所得税

平成22年度税制改正により、平成23年分の所得税より扶養控除の改正があります。

1 年少扶養親族(扶養親族のうち、年齢が16歳未満の方)に対する扶養控除廃止
 (改正前)
  16歳未満の扶養親族・・・扶養控除380,000円
 (改正後)
  16歳未満の扶養親族・・・扶養控除廃止(0円)

今まで16歳未満の方は380,000円の扶養控除を受けられました。
平成23年分の所得税から16歳未満の方は扶養控除を受けられなくなりました。
「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」の記載も平成22年分とは異なっており、16歳未満の扶養親族は申告書の一番下に記入する欄が設けられました。

2 16歳以上19歳未満の方に対する扶養控除の上乗せ部分廃止
 (改正前)
  扶養控除380,000円+特定扶養控除250,000円=控除額630,000円
 (改正後)
  扶養控除380,000円+特定扶養控除廃止(0円)=控除額380,000円

 これに伴い、特定扶養親族の範囲が扶養親族のうち19歳以上23歳未満の扶養親族とされました。
 19歳以上23歳未満の扶養親族の方の控除額は従前通り630,000円です。

3 同居特別障害者の取り扱い
 (1)同居特別障害者の場合
   ①一般の控除対象扶養親族
    (改正前)
    扶養控除380,000円+同居特別障害者加算350,000円+障害者控除(特別障害者)400,000円
    =控除額1,130,000円
    (改正後)
    扶養控除380,000円+障害者控除(同居特別障害者)750,000円=1,130,000円

   ②年少扶養親族(16歳未満の親族)
    (改正前)
    扶養控除380,000円+同居特別障害者加算350,000円+障害者控除(特別障害者)400,000円
    =控除額1,130,000円
    (改正後)
    扶養控除廃止(0円)+障害者控除(同居特別障害者)750,000円=控除額750,000円

 (2)特別障害者(同居特別障害者以外)の場合
   ①一般の控除対象扶養親族
    (改正前)
    扶養控除380,000円+障害者控除(特別障害者)400,000円=控除額780,000円
    (改正後)
    従前通り

   ②年少扶養親族(16歳未満の親族)
    (改正前)
    扶養控除380,000円+障害者控除(特別障害者)400,000円=控除額780,000円
    (改正後)
    扶養控除廃止(0円)+障害者控除(特別障害者)400,000円=控除額400,000円

お気軽にお問い合わせください

「まずは話だけでも聞いてもらいたい」「相談内容が正しいかわからない」
迷っているならまずは軽い気持ちで構いません。
お悩み、ご相談内容をお聞かせください。

0120-730-706

9:00~17:30(土日・祝日・年末年始除く)

メールでお問い合わせ