辻・本郷 税理士法人
English

メールお問い合わせ

検索する

「がん保険」(終身保障タイプ)の保険料の取り扱い

  • 税務・会計

 国税庁は平成24年4月27日、法人契約の「がん保険」(終身保障タイプ)の保険料の取り扱いについて、法令解釈通達を公表いたしました。

【内容(終身保障のがん保険で払込期間が終身の場合)】
<通達改正前>
 全額損金
<通達改正後>
 前払期間の保険料は、1/2資産・1/2損金
 前払期間経過後の保険料は全額損金とし、前払期間に資産計上した金額を期間に応じて損金処理

【がん保険の範囲】
1. 契約者:法人
2. 被保険者:役員又は使用人(これらの者の親族を含みます。)
(ただし、役員等への給与に該当する場合を除きます。)
3. 保険期間:終身
4. 保険料払込期間:終身又は有期
5. 保険金受取人:会社、役員又は使用人(これらの者の親族を含みます。)

【保険料の税務上の取り扱い(終身払込の場合)】
保険期間を前払期間と前払期間経過後に区分し、それぞれ以下の取扱いとなります。
1. 前払期間
加入時の年齢から105歳までの期間の前半50%の期間については、1/2を資産、1/2を損金として計算します。
2. 前払期間経過後の期間
上記前払期間が終了した後の期間は、支払い保険料の全額を損金に計上し、さらに上記資産計上された金額を残りの期間で按分して損金計上します。

【その他留意事項】
1. 例外的取扱い
保険契約の解約等において返戻金がないものについては、上記にかかわらず、保険料の払込の都度、保険料を損金の額に算入します。
2. 適用開始時期
平成24年4月27日以後の契約に係る「がん保険」の保険料について適用されます。

お気軽にお問い合わせください

「まずは話だけでも聞いてもらいたい」「相談内容が正しいかわからない」
迷っているならまずは軽い気持ちで構いません。
お悩み、ご相談内容をお聞かせください。

0120-730-706

9:00~17:30(土日・祝日・年末年始除く)

メールでお問い合わせ