辻・本郷 税理士法人
English

メールお問い合わせ

検索する

Current Topics 電子帳簿保存法対策
電帳法改正・電子保存の準備はできていますか?

パソコンの画像

電子帳簿保存法とは、国税関係帳簿書類の保存に係る負担を軽減するため、電子計算機を使用して作成する国税関係帳簿書類の保存方法について、電子データでの保存を認めたものとなります。

2022年1月、この電子帳簿保存法が改正されます。
今回の法改正によって電子データでの保存方法が大きく変わります。業務負担を軽減することを目的としていますが、電子取引に関しては電子保存が義務化されました。

「どのようなものが電子取引にあたるのか」、そして「どのような対策を講じればいいのか」、このページでわかりやすく解説します。

解説!電子帳簿保存法の改正ポイント

デジタル化・ペーパーレス化が進展する中で、経理の電子化による生産性向上などを目的に、2021年の税制改正において「電子帳簿保存法」(2022年1月施行)が改正され、帳簿書類を電子的に保存する際の手続が抜本的に見直されました。

今回の改正で大きく変更となった3つのポイントを紹介します。

  • 承認制度:廃止

    事前に税務署からの承認が必要でしたが、廃止。必要条件を満たしていれば導入可能になりました。

  • スタンプ要件:緩和

    タイムスタンプの付与を受領後3日以内に行う必要がありましたが、最長2カ月に延長されました。

  • 適正事務処理要件:廃止

    定期検査まで保存が必要だった原本は、スキャナ後にすぐに破棄が可能になりました。

改正後の帳簿書類保存方法はどうなる?

電子帳簿保存法改正により電子化の要件が大きく緩和される一方で、電子取引の電子保存が義務化されます。企業が対応すべき事項は想像以上に多く、早急な対策が必要となります。

電子保存の対応が必要!

2022年1月1日からメールやWebで受領した領収書・請求書(電子取引)は、
電子帳簿保存法に対応した電子保存が義務化されます。

動画で解説!電子取引の電子帳簿保存義務化

税理士が電子帳簿保存義務化についてポイントを絞って解説します。

電子帳簿保存法対応に関する
サポートについて問い合わせる

メールでお問い合わせ

電子保存対応が必要になる電子取引例

電子取引とは「取引情報の授受を電磁的方式により行う取引」のことをいいます。
電子メール、ホームページ、EDI取引により取引情報を授受する取引などがこれにあたります。

  • 電子メール

    電子メールにより請求書や領収書などのデータを受領。

  • ホームページ

    インターネットのホームページから請求書や領収書などのPDFファイルをダウンロード。

  • クラウドサービス

    クラウドサービスを利用し、電子請求書や電子領収書を受領。

  • クレジットカード

    クレジットカードの利用明細のクラウドサービスにより請求書や領収書などを受領。

  • EDIシステム

    EDIシステムの利用。

  • ペーパレスFAX

    ペーパレスFAXで請求書や領収書などのPDFファイルを受領。

コラムで解説!電子帳簿保存法改正

電子保存の対象となる電子取引や帳簿書類とは
電子保存の対象となる電子取引や帳簿書類とは?

令和2年4月から大法人の電子申告義務化がスタートし、令和3年の税制改正の1つの柱としても「デジタル化」があり、国税庁も紙から電子へ移行していくことをすすめています。
電子取引や帳簿書類とはどんなものがあるのか、何を電子保存しなければならないのか、基本的なところをまとめてご紹介します。

もっと読む
電子データと書面による受領について
電子データと書面による受領について

2022年1月施行の改正電子帳簿保存法により、電子取引を行った場合の取引情報について、電子データでの保存が義務化されます。
改正対応のメインとなる電子データと書面による受領について、ビジネスの現場で想定されるパターンと注意点をご案内します。

もっと読む
スキャナ保存と電子取引
スキャナ保存と電子取引 ~社内業務フローの区別を!

2022年1月に改正される電子帳簿保存法では、スキャナ保存制度の要件が大幅に緩和される一方、電子取引を行った場合の電子データでの保存が義務化されます。
スキャナ保存と電子取引では、タイムスタンプ要件や検索要件など一部の要件が同じですが、それぞれ違いがあります。共通要件と異なる要件とをおさらいしましょう。

もっと読む

電子帳簿保存、あなたは
どう対応しますか?

電子帳簿保存に関して「電子取引に係る部分のみを対応」とするのか、それとも「全般的な対応」とするのか、経営判断が必要になります。

電子帳簿保存法改正対策から
システム導入・運用まで、
会計・経理のプロフェッショナルがワンストップでサポートします!

会計・経理のプロフェッショナルである辻・本郷 税理士法人では、電子取引の電子保存義務化対応から「請求書等保存ソフトのご案内」や「電子帳簿等保存・スキャナ保存への対応」、今回の法改正対応を契機とする「業務改善コンサルティング」も承っております。
どうぞお気軽にご相談ください。

電子帳簿保存法対応に関する
サポートについて問い合わせる

メールでお問い合わせ