辻・本郷 税理士法人
English

メールお問い合わせ

検索する

デジタル推進!IT化への挑戦 ~会計ソフト編~

  • その他
  • 税務・会計

会計ソフトのデジタル化

新型コロナウイルス感染症の感染拡大により私達の生活スタイルは一変しました。
「テレワーク」という言葉も社会に広く浸透し、実施した方も多いのではないでしょうか。

この社会情勢に対応するため、切っても切り離せないのが業務のIT化ですが、今回はその中の「会計ソフト」について最新の情報をご紹介いたします。

「クラウド型」の会計ソフトって?

事業を行う法人や個人の方に必須の会計ソフトは、日々の取引や資金の動きを入力することにより、試算表や決算書、総勘定元帳などの書類を作成することができます。

従来の会計ソフトは、CDからプログラムを起動またはインターネットでソフトをダウンロードし、PCにインストールして使用する「インストール型」がほとんどでした。
しかし、現在では「クラウド型」が主流になりつつあり、弊法人顧問先での導入事例も年々増加傾向にあります。

クラウド型は、会計ソフトをインストールする必要がなく、クラウド上でアカウントを作成し、IDとパスワードを入力するだけでその日からすぐに利用できます。
また、インターネット環境さえあれば、PCやスマートフォン、各種タブレット端末からいつでもどこでも操作することが可能です。

さらに、クラウド上で会計ソフトのバージョンが自動で管理されるため、税法の改正時やPCを交換する際にソフトを入れ替える必要がなく、急なPCの不具合などといったトラブルにも対応することができます。

キーワードは「連携」?

従来、会計入力といえばPCを起動し、会計ソフトを立ち上げ、資料を見ながら一つひとつの取引を入力していました。
そのためPCが手元にない、資料が確認できないといった状況では入力作業を行うことができませんでした。

クラウド会計・自動連携

しかし、最近の会計ソフトには、銀行口座(インターネットバンキング)やクレジットカードとの連携機能が備わっているものが多く、事前に連携することによりボタンひとつでデータの取り込みが可能となります。

また、それぞれの取引も仕訳として登録され、取り込むごとにその精度も向上(AIが記憶・学習)していくため使えば使うほど便利になっていくことも大きな利点です。

他にも、会計と連携できる給与計算システムや、請求書発行システムなどを組み合わせることにより、給与や売上の仕訳なども取り込むことができます。日々連携を行うことで最新のデータを反映した試算表を作成することもできるでしょう。

会計ソフトはもう「会計入力のソフト」じゃない?

近年、ERP(Enterprise Resource Planning)という言葉もよく耳にします。
「企業資源計画」ともいい、企業全体の効率化を図るために、会計システムのみならず労務管理や販売・生産管理などといった複数のシステムを統合し一元管理することができます。

ERPの場合、会計(記帳業務)自体はシステム全体のごく一部で、例えば、人事システムから申請した従業員の経費申請書を承認することで労務システムの給与明細に反映され、その給与明細を確定することにより給与支払いに関する仕訳が自動で会計システムに作成されます。
また、その給与が銀行振込の場合には、総合振込ファイルを出力することで振込業務までも一貫して行うことが可能となります。

このように、それぞれのシステムを一元管理することにより業務時間の大幅な削減が見込めます。
また、会計の入力間違いや振込先の登録ミスなどのヒューマンエラーの抑制にもつながるため、会計ソフトを選択する際や導入しているシステムを見直す際には、その周辺ツールもあわせて確認するとよいでしょう。

まとめ

今回は会計ソフトについての最新情報をご紹介させていただきました。
辻・本郷税理士法人では、基本業務である税務顧問はもちろんのこと、ITツールやシステムの導入支援なども専門チームと連携し、積極的にサポートさせていただいております。
ぜひ、お気軽にご相談ください。

執筆担当:仙台事務所 佐藤 大樹

お気軽にお問い合わせください

「まずは話だけでも聞いてもらいたい」「相談内容が正しいかわからない」
迷っているならまずは軽い気持ちで構いません。
お悩み、ご相談内容をお聞かせください。

0120-730-706

9:00~17:30(土日・祝日・年末年始除く)

メールでお問い合わせ